2015年11月8日(日)に開催される、「第8回 龍馬よさこい」に「関学よさこい連 炎流」が出演いたします!



【祭りの紹介】

幕末維新の立役者となった坂本龍馬。龍馬は土佐、江戸、神戸、長崎、そして京都と、日本中を舞台に活躍した大人物です。なかでも土佐は生誕の地であり、その生涯の半分を過ごした地です。土佐がうんだ、近代日本史の中でひときわ異彩を放つ大人物だと思います。
その土佐(高知)がうんだもう一つの異彩を放つもの、それが「よさこい」です。龍馬が存命の頃から、土佐では好んでよさこい節が歌われていたようですが、それを近世の高知県の人々は「よさこい踊り」へと昇華させました。そして京都は、彼生涯のなかでも非常に大きな出来事のひとつである薩長同盟を完成させた地であり、その生涯を終えた地でもあります。その京都で生まれた踊りが、「京炎 そでふれ!」です。
土佐で生まれ、京都から天に昇った龍馬。彼が生涯をかけて作ろうとした日本はどのような国だったのでしょうか。「不景気だ」「少子化だ」と暗い世相の現在であり、現代日本人は少なからず龍馬たち維新の原動力となった偉人たちに対し、申し訳なさを感じているかもしれません。しかしながら、現代は暗い話ばかりではありません。現在でも、日本の若者は非常に熱い!京都は学生の街であり、若者のエネルギーを一番身近に感じられる街です。そして龍馬がそうだったように、若者のエネルギーがその時代を動かし、歴史を変えた原動力となった事は、我々へとつながるこの国の歴史のなかに枚挙に暇がありません。
この先の日本。これもまた、きっと若者のエネルギーが作り、動かしていく事でしょう。それだけの力が若者にはある。今、日本の若者達は内に凄まじい力を秘めています。その力を、京都霊山護国神社の地に眠る龍馬に、そして天にある龍馬の魂に届けたい。「あなたが命をかけて作ったこの国の若者、日本の若者はこんなに元気だぞ!」と言う事を、いま龍馬に届けたい。




【総括の意気込み】
1回生 ぷーじゃ



代替わりし、新体制へと向かった炎流。龍馬よさこいでは一歩先へ!をテーマに13代目の初めの一歩として、一歩お客さんに近づいた祭りにしたいです。



【炎流のタイムテーブル】

11/8(日)
11:19 龍馬演舞場(京都霊山護国神社)
14:19 四条大宮駅前ロータリー会場
16:22 新風館(中庭Re-Cueホール)会場
18:18 JR京都駅前広場特設会場


各会場でお待ちしております!